前屈みができない腰の痛みが著効を示した一例 腰の痛みにお困りならうるまの匠整骨院へ

施術例
 30代女性

症状
 腰の痛み、可動域制限→前屈ができない

主な施術対象筋
 脊柱起立筋・大臀筋・中臀筋・腸腰筋

使用鍼
 患者さんの希望により使用なし

朝起きる時など日常生活内での腰の痛みにより来院されました。
来院時はお手荷物をカゴへ入れる際も前屈ができないために腰を立てたまま膝を曲げることで動きをだしている状態でした。

施術は横向きの体勢になってもらい行いました。

背部の筋肉の緊張も強く1度目の施術は背腰部を中心に施術を行い、痛み・可動域制限ともに多少の軽減はみられました。

こちらの患者さんは運送業をしておられるので座り姿勢のことがとても多く腹筋や腸腰筋の持続的な筋収縮により症状をきたしていることも考え、腹部・股関節部の施術も行いました。

腸腰筋

はじめは少し刺激を加えるだけでもギュッと無意識に力が入ってしまっていましたが、徐々に筋肉の緩みがみられ刺激を加えてもリラックスした状態で受けられるようになりました。

施術後に再度前屈姿勢をとってもらったところ、前回よりも改善がみられました。
今回の腰の痛みは腰部の筋肉だけでなく、腹筋・腸腰筋(股関節を曲げるための筋肉)も原因として大きく関わっていました。
先日の勉強会での内容も早速活かすことのできた内容となりました。

※勉強会の記事はこちら

患者さんが実際に感じている痛みの場所とは別のところに原因がある場合が多々あります。
日常生活で負担のかかっている動作などを見つけだし、そういった根本的な原因を探しながら施術を行えるように日々の施術に当たっていきたいと思います。

【うるまの匠整骨院】
TEL 098-987-8555
〒904ー1111
沖縄県うるま市石川東恩納603-12–A–1(東恩納かねひで駐車場内)
HP:http://urumano-takumi.okinawa
LINE@:@vqt7135

a:562 t:2 y:1

コメント


認証コード5683

コメントは管理者の承認後に表示されます。